クリニックについて

クリニックについて

京都下鴨病院理事長からのご挨拶

  • このたび京都下鴨病院は、平成27年4月1日、烏丸御池に整形外科クリニックを併設しました。

    京都下鴨病院は、昭和34年京都市左京区下鴨東森ヶ前町に船越金次郎の開設した船越外科・胃腸科病院が始まりです。昭和43年に船越病院となり、平成8年には京都下鴨病院と改名しています。そして、全面建て替え工事が行われ、平成25年9月からは新しい下鴨病院として診療を続けています。平成26年度の手術件数は1,000件を越えています。件数だけでなく、手術手技も増加し、内容的にも充実してきています。

    このように整形外科領域の専門病院として発展してくることができましたのも、一重に皆様のご指導、ご協力のお蔭と感謝しています。

    しかしながら、下鴨病院だけでは沢山の患者さまの要望に十分に対応することができないことや交通の便が少し不便なところもあり、このたび、地下鉄沿線の烏丸御池に整形外科クリニックを開設しました。

    一般整形外科診療を基本として、特に、スポーツ外傷や肩、膝の外傷とそのリハビリテーション、リウマチを中心に外来診療をおこなっています。烏丸御池整形外科クリニックをどうぞよろしくお願い申し上げます。

  • 京都下鴨病院 理事長
    山下文治