女性の薄毛治療のおすすめFAGAクリニック!オンライン診療や保険適用の病院を紹介

女性の薄毛治療のおすすめFAGAクリニック!オンライン診療や保険適用の病院を紹介

女性の薄毛にはさまざまな原因がありますが、加齢による女性ホルモンの減少で起こるFAGAを発症する女性も少なくありません。

40代以降、前頭部から頭頂部の髪の毛が全体的に薄くなってきたと感じる女性も多いのではないでしょうか。

当記事では、女性の薄毛の原因や症状・治療法について詳しく解説し、おすすめのクリニックを紹介しています。

デリケートな悩みだけに、周りの目が気になる人も多いでしょう。クリニックによっては完全個室で受診できるところや、オンライン診療に対応しているところも。

「薄毛をどうにかしたい」「症状に合わせて適切な治療を受けたい」という人は、ぜひ参考にしてください。

目次

女性の抜け毛・薄毛の原因は?FAGAの治療方法について解説

女性の抜け毛・薄毛の原因は?FAGAの治療方法について解説

女性の抜け毛や薄毛の原因は、加齢や更年期、生活習慣、ホルモンバランスの乱れ、病気や治療による副作用などさまざまです。

女性の抜け毛や薄毛の原因は以下のとおりです。

薄毛の種類原因予後
FAGA(女性男性型脱毛症)加齢による女性ホルモンの減少放置すると薄毛が進行する
円形脱毛症ストレスの影響で発症することが多い自己免疫疾患自然治癒することもあるが、外用薬による早期治療も見込める
牽引型脱毛症ヘアゴム・カチューシャ等で頭皮に負担がかかる根本的に改善できれば自然治癒する
産後脱毛症産後のホルモンバランスの変化自然治癒する
びまん性脱毛症過度なダイエットやストレス、女性ホルモンの急激な減少放置すると薄毛が進行する

女性の抜け毛や薄毛の原因でもっとも多いのが、びまん性脱毛症です。更年期前後に抱えるストレスが原因になることが多く、髪全体のボリュームが失われる薄毛の症状です。

びまん性脱毛症のほとんどが、女性ホルモンの著しい減少が原因で発症する「FAGA(女性男性型脱毛症)」です。

FAGAは、40代後半以降の閉経に近い女性で、女性ホルモンの1つであるエストロゲンが激減する際に、前頭部や頭頂部から薄毛が広がる状態です。また、FAGAは遺伝による影響も大きいです。FAGAの原因となる男性ホルモンのジヒドロテストステロンを産生するテストステロンと5αリダクターゼの量は遺伝すると考えられています。

その他の脱毛症とは違い、自然治癒することがなく、放置すると薄毛が進行してしまいます。FAGAは早期治療で薄毛の進行を抑制できます。

女性の薄毛(FAGA)の症状は3種類に分けられる

女性の薄毛(FAGA)の症状は3種類に分けられる

女性の薄毛は前髪の生え際や分け目を中心に薄くなり、徐々に範囲が広がっていきます。もともとしっかりした髪質が柔らかくなり、その後産毛になって抜け落ちていき、薄毛が進行します。

FAGAは脱毛の進行度によってTypeⅠ~Ⅲに分けられ、それぞれの特徴は以下のとおりです。

段階特徴
TypeⅠ頭頂部の毛髪が薄くなり、分け目が目立つ状態
TypeⅡ頭頂部が更に薄くなり、地肌が目立つ状態
TypeⅢ頭頂部が完全に脱毛し、地肌が露出した状態

FAGAは初期の段階では、自分では気付かないこともあります。FAGAの診断には医師による診察が必要ですが、セルフチェックすることもできます。

以下の項目のうち、ひとつでも当てはまるものがあればFAGAの可能性があります。

  • 髪がボリュームダウンしたと感じる
  • シャンプー時の抜け毛が増えた
  • 髪にコシがなくなりセットしにくくなった
  • 分け目の地肌が透けて見えるようになった
  • 髪の毛が細くなった

気になる症状があれば、早めにクリニックを受診しましょう。

女性の薄毛(FAGA)の5つの治療方法

女性の薄毛(FAGA)の5つの治療方法

FAGAには、さまざまな治療法があります。ここからは具体的な治療法や特徴について詳しく解説します。

FAGAの治療方法
  • 外用薬による治療
  • 内服薬による治療
  • メソセラピーによる治療
  • 光治療・レーザー治療
  • 植毛治療

【外用薬による治療】

外用薬による治療は、薄毛の進行を抑制したり、発毛を促す効果が期待できます。頭皮に直接塗布する治療薬で、育毛剤とも呼ばれます。

外用薬に含まれる主な有効成分はミノキシジルです。ミノキシジルには血行促進の作用があり、毛周期を正常なサイクルに戻します。乱れた毛周期が整うことで成長期が長くなり、ハリやコシのある毛髪が育成されます。
クリニックで処方される外用薬は市販薬に比べて濃度が濃いため、効果を実感するまでが早いです。

【内服薬による治療】

女性の抜け毛や薄毛の進行を抑える代表的な内服薬はパントガール、スピロノラクトンです。ルグゼバイブ、ミノキシジルもあります。
男性の場合は、フィナステリドやデュタステリドを用いることが多いですが、これらの治療薬は、女性への効果が立証されていません。また、安全性の面からも女性の服用は認められていません。

内服薬は外用薬と違い、身体の中から発毛・育毛をサポートしたり、ホルモンバランスを整えてくれたりという効果にも期待ができます。

抜け毛予防なのか、発毛目的なのか、医師と相談し治療に合った内服薬を処方してもらいましょう。

【メソセラピーによる治療】

メソセラピーは、少量の薬剤やアミノ酸、ビタミン剤などを、注射器で頭皮に直接注入する治療法です。

有効成分の含まれた薬剤を0.5cm間隔で細かく打っていきます。内服薬や外用薬による治療と併用することも多く、3~6ヶ月で効果を実感できる人が多いです。ただし、投薬治療に比べて費用が高額になります。

クリニックによっては、抜け毛防止や発毛を促す成分を独自にブレンドし、オリジナルの薬剤を使って治療するところもあります。

【光治療・レーザー治療】

頭皮に炎症があると、髪の毛が正常に生えてこないことがあります。

光治療やレーザー治療は、頭皮にLEDやレーザーを照射することで、頭皮の炎症を抑えたり、血行を促進するのが主な目的です。また、毛母細胞の分裂を促すことで、健康な毛髪の育成をサポートします。

2~4週間に1回のペースで治療するのが一般的で、効果を実感できるまでに6ヶ月程度かかります。

【植毛治療】

植毛治療は、薄毛の影響を受けにくい後頭部の皮膚を切り取って、気になる箇所へ毛根を植える治療法です。

術後のメンテナンスは不要で、移植した毛根が生着すれば、通常の髪と同じように生え変わり続けます。

外科手術になるためFAGA治療の中で費用がもっとも高額になりますが、継続して治療する必要がないというメリットがあります。

サプリメントによる栄養サポート

FAGAの治療で内服薬や外用薬を使用すると、副作用が生じることがあります。中には副作用が心配で治療に踏み切れない人もいるでしょう。

副作用の心配がなく気軽に始められるのがサプリメントによる栄養サポートです。サプリメントは「亜鉛、グルタミン酸、コラーゲンペプチド、カプサイシン、ビタミン類」などの成分が含まれているものを選びましょう。

勘違いしてはいけないのが、サプリメントそのものに薄毛を改善したり、発毛させる効果はありせん。頭皮や頭髪の健康維持のための栄養補給をして用いるようにしましょう。

女性の薄毛治療の費用の相場

女性の薄毛治療の費用の相場

FAGAやびまん性脱毛症といった審美目的の薄毛治療は保険適用外の自由診療となり、治療費は全額自己負担になります。

ただし、自己免疫疾患や甲状腺機能疾患、頭皮の炎症など、薄毛の原因によっては保険が適用されるケースも。具体的には、円形脱毛症や脂漏性脱毛症など、脱毛の種類や治療内容に応じて、保険適用されることがあります。

保険適用となるのは、あくまで病気を治すための治療のみです。自由診療になると保険が適用されず、治療費が高額になるデメリットがありますが、治療法を自分で選べるメリットもあります。まずは医師の診察を受け、どのような治療法が適しているのか相談してみましょう。

保険適用外の女性の薄毛治療にかかる治療費の相場は以下のとおりです。

治療方法費用の相場
外用薬6,000~15,000円程度/月
内服薬3,000~15,000円程度/月
メソセラピー20,000~90,000円程度/月
光治療・レーザー治療5,000~10,000円程度/回
植毛50~200万円程度

女性の薄毛治療に対応しているクリニックでは、内服薬を初回限定価格で通常価格よりも割安に購入できるところもあります。

外用薬として使われるミノキシジルは濃度によって料金が異なります。配合量が多いほど高くなり、オリジナルの治療薬を配合しているものは、更に割高になる可能性があります。

メソセラピーは、初回限定のキャンペーンで、5000円以下で治療を受けられるクリニックもありますが、基本的には20,000円以上のところが多く、費用が高額になりがちです。

植毛治療では、グラフト数によって料金が異なります。500グラフト移植することを想定すると、50万円以上かかるのが一般的です。

女性の薄毛治療では、内服薬や外用薬を使用する治療が割安ですが、薄毛が進行している場合は、投薬治療だけでは対応できない場合も。その場合は、注入治療など、その他の治療を併用する必要があります。

また、クリニックによっては薬代以外に、初診料や再診料、検査料がかかるところも。実際にかかる費用については、それぞれのクリニックの公式サイトで確認してみましょう。

また、無料カウンセリングを実施しているクリニックもあるため、1ヶ月にかかる治療費について確認してみるとよいでしょう。

女性の薄毛治療薬の効果と副作用

女性の薄毛治療薬の効果と副作用

女性の薄毛には、内服薬と外用薬を用いた治療を行います。

ここからは、FAGAで主に使用する治療薬の効果や副作用について詳しく解説します。

内服薬によるFAGA治療

女性の薄毛治療に用いられる代表的な内服薬は「パントガール」と「スピロノラクトン」です。

【パントガールの効果と副作用】

パントガールはびまん性脱毛症や産後脱毛症など女性の薄毛治療に効果があると世界で初めて認められた治療薬です。国内では未承認薬ですが、ドイツでは抜け毛や薄毛対策における効果や安全性が認められています。

パントガールに含まれる成分は以下のとおりです。

  • アミノ酸
  • たんぱく質
  • ビタミンB群
  • L-シスチン
  • ケラチン
  • D-パントテン酸カルシウム
  • 薬用酵母
  • パラアミノ安息香酸

パントガールには薄毛を改善するために必要な有効成分が豊富に含まれており、抜け毛予防や毛髪の成長を促す効果が期待できます。

パントガールによる主な副作用は以下のとおりです。

頭痛、腹痛、下痢、めまい、嘔吐、胸やけ、お腹にガスが溜まる、動悸、紅斑、発疹、かゆみ、胃腸のむねやけ、発汗、頻脈、心拍が速くなる、蕁麻疹、アレルギー反応

パントガールは重篤な副作用が起こりにくいと考えられていますが、これらの症状が出る可能性があることを覚えておきましょう。

また、妊娠中や授乳中の女性はパントガールを服用することができません。

【スピロノラクトンの効果と副作用】

スピロノラクトンもFAGA治療に使われることの多い内服薬です。男性ホルモンのDHTの活性化を抑制し、女性ホルモンを優位にすることでヘアサイクルを正常な状態へ戻してくれます。

また、FAGAは女性ホルモンが減少し、男性ホルモンの分泌が増えることで発症すると考えられています。スピロノラクトンを服用することで男性ホルモンを抑制し、抜け毛を予防する効果が期待できます。

スピロノラクトンによる主な副作用は以下のとおりです。

初血圧低下、頻尿、のどの渇き、立ちくらみ、乳房痛、生理不順、倦怠感、発熱、動悸、無月経

スピロノラクトンは利尿薬として使われているため、頻尿や喉の渇きといった副作用は起こりやすく、ホルモンバランスにも影響を与えるため生理不順などの副作用が起こる可能性もあります。

スピロノラクトンもパントガールと同じく、妊娠中や授乳中の女性の服用は推奨されていません。

【ルグゼバイブの効果と副作用】

ルグゼバイブにはパントガールとほぼ同等の成分プラス生の馬プラセンタが配合されています。馬プラセンタの成長因子が毛母細胞を活性化してくれ、髪の毛にコシやハリが生まれます。
またコロストラムという成分には免疫機能を高めたり抗酸化作用もあったり、エイジングケアも期待できます。

ルグゼバイブによる主な副作用は以下のとおりです。

胃腸障害、アレルギー症状

ルグゼバイブは、ごくまれに上記副作用が起こる程度で、明らかな副作用の報告はありません。プラセンタが配合されているため、プラセンタを用いた治療を受けている方は注意が必要です。過剰摂取に気を付けましょう。

外用薬によるFAGA治療

女性の薄毛治療で使用される外用薬はミノキシジルです。

【ミノキシジルの効果と副作用】

ミノキシジルは男性のAGA治療でも使われる外用薬ですが、FAGAでも処方されることが多く、頭皮の細胞を活性化して発毛を促す効果があります。また抜け毛予防の効果にも期待できる治療薬です。

ミノキシジル外用薬の主な副作用は以下のとおりです。

初期脱毛、頭皮の炎症、頭皮の痛み、かゆみ、かぶれ、めまい、耳鳴り、倦怠感

ミノキシジルは循環器系に作用するため、心臓疾患のある人や血圧が変動しやすい人は、使用する前に医師に相談してください。

また、妊娠中に使用すると胎児の心臓に負担をかけてしまう可能性があります。そのため、妊娠中・妊活中にミノキシジル外用薬を使用するのは避けましょう。授乳中も母乳に成分が移行するとされているため、使用は避けましょう。

ミノキシジル外用薬は重篤な副作用は起こりにくく、日本皮膚科学会のガイドラインでもミノキシジル外用薬による治療を強く勧めると評価がされています。

ミノキシジル内服薬について

ミノキシジルには内服薬もあり、内服薬の方が体の中に取り入れるため効果が大きいです。その分、副作用が起こる確率も内服薬の方が高くなるので、注意が必要です。
未成年者、高齢者、妊娠・授乳中の方、妊娠の予定がある方、循環器系に既往や疾患のある方、血圧に疾患がある方、腎臓や肝臓に異常がある方は使用禁忌となっています。

【パントスチンの効果と副作用】

パントスチンには、アルファトラジオールという有効成分が配合されており、脱毛の原因となるジヒドロテストステロンの産生を抑制する働きがあります。加齢やFAGAに効果的で、抜け毛予防として使用されます。

パントスチンの主な副作用は以下のとおりです。

頭皮の炎症、発疹、発赤、かゆみ

ジヒドロテストステロンの抑制作用がある薬はホルモンへの影響が強く、女性への処方が制限されていましたが、パントスチンは作用が緩やかであるため、女性でも副作用が起こりにくく安心して使用できます。

自分でできる薄毛対策

生活習慣の乱れやライフスタイルが原因の薄毛は、自分で治せることもあります。

疲労の蓄積や栄養バランスの偏った食事、睡眠不足など、日頃の生活習慣を見直すことで薄毛を改善できる場合もあります。

ここからは自分でできる薄毛対策について紹介します。

【食生活の改善】

女性の薄毛の原因として、女性ホルモンの乱れが考えられます。女性ホルモンの中には、髪の毛の成長やヘアサイクルに関係する「エストロゲン」というホルモンがあります。

エストロゲンは産後や更年期に減少する傾向があり、その影響で薄毛になってしまうことも。偏りのない食事で、ホルモンバランスを整えることも薄毛改善に有効です。

そのためにも、肉や魚などの動物性たんぱく質、大豆などの植物性たんぱく質、野菜、炭水化物など、さまざまな栄養素をバランスよく摂取することが大切です。

特に意識して摂取したいのは、納豆などの発酵食品や、ゴボウなど食物繊維が豊富な食材です。大豆に含まれる大豆イソフラボンは、体内でエストロゲンと同じような働きをします。また、食物繊維は腸内環境を整える役割をします。

【ストレスを解消】

ストレスは体にさまざまな悪影響を与え、抜け毛を引き起こしてしまうことも。自律神経の乱れで交感神経が活発な状態が続くと、末梢血管が収縮して血液循環が悪くなります。結果として、頭皮や毛髪に必要な栄養素が運ばれなくなり、健康な髪の育成を妨げることに。

また、ホルモンバランスの乱れで男性ホルモンの分泌が優位になると、皮脂の過剰分泌が起こります。多過ぎる皮脂は頭皮の毛穴をふさいだり、雑菌が繁殖するなど、頭皮環境の乱れを引き起こします。

またストレスによって亜鉛が不足すると、髪の毛に必要なたんぱく質のケラチンが生成されず、抜け毛や薄毛を招きます。

現代社会において、ストレスを全く感じない生活は不可能です。そのため、ストレスが溜まったときの解消方法を見つけることが大切です。美味しいものを食べたり、好きな音楽を聴いたりするのもよいでしょう。体を動かすこともストレス発散につながります。

【睡眠不足を解消】

眠っている間に分泌される成長ホルモンは、髪の生成をサポートします。そのため、睡眠不足になると髪の健康に影響を及ぼすことになります。

成長ホルモンがもっとも多く分泌されるのは、就寝後の3時間です。人間の眠りは、浅い眠りと深い眠りを交互に、約90分のサイクルで繰り返します。成長ホルモンは、睡眠サイクルの1~2周期目に分泌されます。

また、髪を作る毛母細胞は、22時から2時の4時間をピークに細胞分裂が行われます。そのため、この時間帯に睡眠を摂るようにすると、抜け毛や薄毛予防に役立つでしょう。

【運動不足を解消】

筋肉には、全身に血液を運ぶ役割があります。運動不足で筋肉が少なくなると、健康な頭皮の維持や、髪の成長に欠かせない栄養や酸素が運ばれなくなり、抜け毛や薄毛を招きます。

栄養バランスのよい食事を心がけていても、運動不足で血流が滞ると、薄毛を引き起こすことも。デスクワークで運動不足になりがちな人は、日々の生活で運動量を増やせるように意識しましょう。

【市販の育毛剤の使用】

市販の育毛剤を使用して、頭皮や毛髪に潤いや栄養を補うことも薄毛予防につながりますが、発毛メインではなく、抜け毛予防や、今ある髪の毛を育てる育毛がメインとなります。

頭皮環境を整え、今ある髪の毛を抜けないよう、健康な髪へと育てることが目的であることを念頭に、育毛シャンプーや育毛剤を使用していきましょう。

ドラッグストアなどで気軽に購入できる育毛剤もたくさんあります。ただし、市販の育毛剤とクリニックで処方される治療薬の違いとして、1人ひとりに合った処方かどうかという点が挙げられます。

医師の診察なしで購入できる市販の育毛剤は、多く人が害なく使用できる点を重視しています。一方で、クリニックでは、症状や健康状態に合った治療薬を処方してもらえます。

具体的には、発毛作用のあるミノキシジルは、医師の診察を受けることで、市販の育毛剤より配合量の多い治療薬を使用できることもあります。

市販の育毛剤では薄毛を治療することはできません。そのため、抜け毛や薄毛予防のサポート役として使用するようにしましょう。

【女性ホルモンの補充】

加齢によって女性ホルモンは減少してしまいます。特に40代以降の更年期の女性は、エストロゲンの分泌量が減少し、女性ホルモンが急激に少なくなる傾向に。

女性ホルモンの減少を防ぐために、エストロゲンと同じ働きをする大豆イソフラボンを積極的に摂取するようにしましょう。普段の食生活では、納豆や豆乳など大豆製品を積極的に取り入れ、バランスのよい食事を心がけることが大切です。

【適切なヘアケア】

日頃のヘアケアの影響で抜け毛や薄毛を進行させる可能性もあります。

洗髪し過ぎたり、すすぎ残しがあると、健やかな頭皮環境や毛髪の妨げになります。

また、抜け毛や薄毛対策に適したシャンプーを使用することで、頭皮や髪の状態が改善されることも。市販でも薄毛に悩む人向けのシャンプーがあるため、チェックしてみましょう。

洗髪の際に指の腹を使って頭皮を優しくマッサージするのも有効です。スカルプケアで血流がよくなり、頭皮環境を整えることにつながります。

FAGAクリニック選びのポイント

FAGAクリニック選びのポイント

FAGAはデリケートな治療になるため、プライバシーへの配慮が徹底されているクリニックが安心です。診察室はもちろん、待合室も完全個室になっているところも。

また、対面診療のほか、自宅などプライベート空間から受診できるオンライン診療に対応したクリニックもたくさんあります。

ここからはFAGAクリニック選びの5つのポイントを紹介します。

・プライバシーに配慮されている

デリケートな治療だけに、周りに知られたくない人も多いでしょう。また、クリニックでなるべく人に会いたくないという人もいるはず。

クリニックによっては、待合室や診察室が完全個室になっているところも。気になる場合は公式サイトを確認して、個室が完備されているクリニックを選びましょう。

・オンライン診療に対応している

仕事やプライベートが忙しく、通院する時間がなかなか取れない人もいるでしょう。

通院が難しい人には、スマホやパソコンから遠隔で診察を受けられるオンライン診療に対応しているクリニックが便利です。

オンラインなら誰にも会うことなく治療できるため、周りに知られたくない人でも安心です。ただし、オンライン診療で対応できるのは、サプリメントや内服薬・外用薬といった投薬治療のみです。既に薄毛が進行していて、注入治療や植毛を検討する場合には、来院する必要があります。来院は面倒ではありますが、触診で直接見てもらうことができるのが最大のメリットではあります。

最近では、初診からオンライン診療に対応しているクリニックも多く、気軽にFAGA治療を受けたい人にはおすすめです。

・治療費が明確にされている

クリニックを選ぶ際に気になるのが治療費です。クリニックによっては薬代のほか、カウンセリング料や診察料がかかるところも。逆に、治療にかかるのは薬代のみで、診察料は完全無料となっているクリニックもあります。

記載されている以外に追加費用がかかるケースもあるため、料金設定が明確でわかりやすいクリニックを選びましょう。

確認しておきたい費用は以下のとおりです。

  • 薬代
  • 診察代(初診・再診)
  • カウンセリング料
  • 返金保証の有無

一定の期間治療を継続しても効果が出なかった場合の返金保証に対応しているクリニックもあります。万が一のときの保証が付いていれば、安心して治療を受けられるでしょう。

・カウンセリングやアフターフォローが充実している

初めてのFAGA治療で不安になることも多いでしょう。そのため、カウンセリングで薄毛の悩みを相談でき、治療方法についてわかりやすく説明してもらえることも重要なポイントです。

薄毛の原因や症状には個人差があり、治療方法もそれぞれ異なります。無料カウンセリングを設けているクリニックもあるため、実際に足を運んで確めてみるのもよいでしょう。

また、治療を開始してからのアフターフォローも大切です。内服薬や外用薬など投薬治療には副作用のリスクがあります。また、思うような効果が得られない場合の対応についても確認しておきたいポイントです。

・通いやすさ

対面診療のクリニックを選ぶ場合には、自宅や勤務先からのアクセスや立地、交通費についても確認しておきましょう。

車で通院する場合は、提携する駐車場の有無や駐車料金についても確認しておくと安心です。

FAGA治療は3~6ヶ月と、中長期にわたる治療が必要になります。そのため、通院しやすいクリニックを選ぶことが大切です。

【オンライン診療対応】女性の薄毛治療のおすすめクリニック15選!

【オンライン診療対応】女性の薄毛治療のおすすめクリニック15選!

男性のためのAGA治療だけではなく、女性のFAGA治療に対応したクリニックもたくさんあります。

対面診療のほか、自宅で気軽に受診できるオンライン診療に対応したクリニックも多数あるため、ご自身に合ったところをお選びください。

ここからは、女性の薄毛治療におすすめのクリニックを紹介します。

クリニックフォアはオンライン診療で初月無料でFAGA治療が始められる

クリニックフォアはオンライン診療で初月無料でFAGA治療が始められる
クリニックフォアの特徴
  • オンライン診療に対応
  • 継続するならセットプランがお得
  • 初月無料のキャンペーンを実施中

クリニックフォアは全国に10院あるクリニックで、対面診療のほかオンライン診療にも対応しています。

オンライン診療は完全予約制のため、待ち時間なく受診が可能。予約から薬の処方まで、一度も来院することなく治療を受けられます。スマホやパソコンがあればOK。アプリのダウンロードも不要です。

治療薬にはスピロノラクトンやミノキシジルがあり、単品以外にセットプランでお得に購入できます。今なら期間限定のキャンペーンを実施中。クーポンコード「TRY」を入力すると初月無料で治療を受けられます。

クリニック名クリニックフォア
治療費・発毛トライアルプラン ベーシック(ミノキシジル30錠 1日2.5mg):6,545円  
・発毛トライアルプラン ライト(ミノキシジル15錠 1日1.25mg相当):1,078円 初回クーポン利用時。2回目以降は3,272円  
・スピロノラクトン内服スピロノラクトン:5,610円   ・ミノキシジル外用2%:14,025円
無料カウンセリング薬の処方がある場合は無料 薬の処方がない場合は1,650円の診察料がかかる
オンライン診療あり
クリニック数10院(渋谷・飯田橋・田町・四谷・有楽町・新橋・大手町・心斎橋・大宮 ・池袋)

AGAスキンクリニックレディース院は発毛実感率99.4%の実績

AGAスキンクリニックレディース院は発毛実感率99.4%の実績
AGAスキンクリニック レディース院の特徴
  • 発毛実感率99.4%
  • オリジナル発毛薬「Rebirth」が人気
  • 全額返金保証制度あり

男性のAGA治療でも人気のAGAスキンクリニックのレディース院は全国に5院あります。

個人差がありますが、発毛を実感するまでに概ね4~6ヶ月。発毛実感率は99.4%となっています。

レディース院は土日祝日も診察を行っています。また22時まで営業しているため、仕事帰りでも通院しやすいでしょう。

AGAスキンクリニックで注目すべきは、オリジナル発毛薬「Rebirth」を使った治療です。高品質かつ高濃度な発毛有効成分が配合されており、内服薬と外用薬との併用で、より高い発毛作用を実感できるでしょう。

その他に、薄毛や抜け毛対策をサポートするサプリメントも人気。治療を続けても効果を得られない場合の全額返金保証にも対応しているため、安心して治療を受けられます。

クリニック名AGAスキンクリニック レディース院
治療費Balumo TSUBAKI:5,200円
女性薄毛治療薬:初回5,500円
女性用オリジナル発毛薬(内服薬3種):各7,700円
女性用オリジナル発毛薬(外用薬):15,000円
無料カウンセリングあり
オンライン診療あり
クリニック数5院(銀座・恵比寿・梅田・京都・名古屋)

クレアージュはFAGAの治療実績が業界トップクラス

クレアージュはFAGAの治療実績が業界トップクラス
クレアージュの特徴
  • FAGA治療の実績が業界トップクラス
  • 男性の目を気にせず治療できる
  • 土日の診療にも対応

クレアージュはFAGA治療の実績が55万人と業界トップクラス。経験豊富な医師が在籍しており、1人ひとりに合った治療法を提案してもらえます。クレアージュでは、濃度や成分が異なる6種類の外用薬を処方。薄毛の症状や進行度に応じて使い分けます。

女性専門のクリニックは東京と大阪に2院のみ。いずれも最寄り駅から徒歩5分以内の好立地です。スタッフも全員女性で、男性の目を気にせず治療を受けられます。土日の診療にも対応しているため、平日に通院が難しい人にもおすすめです。

再診では、血圧測定やマイクロスコープを使用した診察で、薄毛治療の進み具合をチェックしてもらえます。治療費の上限が35200円までと定められているため、計画的に薄毛治療できるでしょう。

クリニック名クレアージュ
治療費外用薬:~16,500円
外用薬+サプリメント製剤~22,000円
育毛剤+サプリメント製剤:~19,800円 内服薬~29,700円
外用薬+内服薬~35,200円
無料カウンセリングあり
オンライン診療あり
クリニック数5院(女性専門クリニックは東京と大阪のみ)

B&Hメディカルクリニックは全額返金保証制度あり

B&Hメディカルクリニックは全額返金保証制度あり
B&Hメディカルクリニックの特徴
  • 発毛実感率99.8%
  • 治療費は月額3,300円〜
  • 全額返金保証制度あり

B&HメディカルクリニックのFAGA治療は月額3,300円から治療を受けられます。カウンセリングや診察、頭皮診断、血液検査は全て無料。記載されている料金以外、追加で費用がかかる心配はありません。

発毛治療専門の経験豊富な医師が多数在籍。1人ひとりに合った治療法を提案してもらえます。発毛実感率99.8%という実績にも納得です。

女性専用のオリジナル治療薬も用意されており、副作用が心配な人でも安心して服用できるでしょう。

クリニック名B&Hメディカルクリニック
治療費オリジナル育成タブレット:3,300円(初回)
オリジナル薄毛治療薬HタブLady:6,600円~
オリジナル育毛外用薬HリキッドLady:13,200円~
無料カウンセリングあり
オンライン診療あり
クリニック数2院(恵比寿・横浜)

AGAヘアクリニックはテレビ電話による遠隔診療に対応

AGAヘアクリニックの特徴
  • 40以上の個室を完備しプライバシーに配慮
  • テレビ電話による遠隔診療にも対応
  • 専門カウンセラーによるカウンセリングが充実

AGAヘアクリニックでは、40以上の個室を完備することでプライバシーに配慮しています。待合室がないため、来院後はすぐに個室の診察室へ案内されます。料金の支払いも個室で対応してもらえるため、来院時に他の人と顔を合わせる心配はありません。

また、スマホアプリを用いた遠隔診療にも対応。テレビ電話で医師の診察を受け、治療薬を処方してもらえます。診察料は完全無料。薄毛治療の専門医が1人ひとりの症状や悩みに合った治療プランを提案してくれます。

AGAヘアクリニックでは、安心して治療を進められるように、専門カウンセラーによるカウンセリングを実施しています。薄毛治療を始めるにあたって不安に感じていることや、治療中の悩みがあれば気軽に相談してみましょう。

クリニック名AGAヘアクリニック
治療費PANTO:4,500円(オンライン診療:4,500円)
ミノキシジル内服:10,000円(オンライン診療:9,000円)
ミノキシジル外用:13,000円(オンライン診療:12,000円)
ケトコナゾール含有治療薬:3,000円
無料カウンセリングあり
オンライン診療あり
クリニック数1院(東京)

湘南美容クリニックはFAGAの治療実績が年間8,000件以上

湘南美容クリニックはFAGAの治療実績が年間8,000件以上
湘南美容クリニックの特徴
  • 全国に100院以上展開する大手美容クリニック
  • FAGA治療の実績は年間8,000件以上
  • 全額返金保証制度あり

湘南美容クリニックは全国に100院以上ある大手美容クリニックです。女性の薄毛治療にも注力しており、診療実績は年間8,000件と豊富。

薄毛予防のための投薬治療をはじめ、メソセラピーや外科的な薄毛治療にも対応。1人ひとりの薄毛の悩みや症状に合った治療法を提案してもらえます。

オリジナル発毛薬「HRタブレット」には、ミノキシジルなどの発毛成分が豊富に含まれており、FAGA治療薬の中でも最高ランクの品質を誇ります。

湘南美容クリニックでは、ダーマペンによるメソセラピー治療にも対応。極細の針を用いて頭皮のトラブルを改善することで、発毛を促します。

万が一、治療を続けても効果を実感できなかった場合の返金制度にも対応しているため、安心して治療を受けられるでしょう。

また、独自のSBCポイント制度を設けているほか、楽天ポイントが200円に1ポイント付与される特典が設けられています。

クリニック名湘南美容クリニック
治療費タブレットMLミノキシジル:5,940円
HRタブレットセット:13,030円
HRアクアL スプレーミノキシジル:9,980円
HRタブレット&スプレーセット:20,160円
無料カウンセリングあり
オンライン診療あり
クリニック数全国117院

駅前AGAクリニックは一人一人に合った治療法を提案してくれる

駅前AGAクリニックは一人一人に合った治療法を提案してくれる
駅前AGAクリニックの特徴
  • 発毛実感は99.4%
  • 600パターンの中から1人ひとりの合った治療法を提案
  • 完全個室でプライバシーに配慮
  • 全額返金保証制度あり

駅前AGAクリニックは、薄毛治療に特化したクリニックで、治療実績が豊富な医師が在籍。発毛実感は99.4%となっています。効果を得られない場合の返金保証制度にも対応しています。

600パターンの治療法から1人ひとりの症状や目的にあったオリジナル治療法を提案。内服薬・外用薬・メソセラピーの中から、頭皮や毛髪に合わせた治療プランを組み立ててもらえます。

完全個室でのカウンセリングや診察となり、プライバシーへの配慮は万全。安心できる空間で薄毛の悩みを相談できます。

公式サイトでは治療の経過がわかる症例写真を確認でき、どれくらの期間で治療できたのか、詳細を知ることができます。

駅前AGAクリニックでは、モニター制度を設けているため、通常より安くFAGA治療を受けたい人は要チェックです。

クリニック名駅前AGAクリニック  
治療費スピロノラクトン(女性用薄毛治療薬)5,500円~
パントガール(女性用薄毛薬):10,800円
無料カウンセリングあり
オンライン診療あり
クリニック数13院(東京新宿、東京北千住、千葉津田沼、新潟、金沢、三重四日市、京都烏丸、大阪梅田、神戸三宮、姫路、岡山、広島、鹿児島)

イースト駅前クリニック女性外来は通院不要でオンライン診療に対応

イースト駅前クリニック女性外来は通院不要でオンライン診療に対応
イースト駅前クリニック 女性外来の特徴
  • 新宿駅から徒歩2分の好立地
  • 通院不要のオンライン診療にも対応
  • 診察料は完全無料

イースト駅前クリニック女性外来は、女性専門のクリニックです。新宿駅から徒歩2分と好立地。初診料や再診料は完全無料。治療にかかるのは薬代のみです。

通院不要のオンライン診療にも対応しており、薬代が1万円以上の場合は送料無料で自宅に届けてもらえます。

取り扱いの治療薬には抜け毛予防のパントガールをはじめ、発毛作用のあるミノキシジル内服薬や外用薬もあります。ミノキシジルは女性でも安心して使用できるように濃度が調整されています。

クリニック名イースト駅前クリニック 女性外来
治療費ミノキシジル5%外用薬:5,500円
ミノキシジル内服薬:7,500円
パントガール:8,500円
パントジェンヌ:8,000円
無料カウンセリングあり
オンライン診療あり
クリニック数新宿

スマイルAGAクリニックは薬代以外の費用がかからない

スマイルAGAクリニックは薬代以外の費用がかからない
スマイルAGAクリニックの特徴
  • FAGA治療にかかるのは薬代のみ
  • オリジナルのスマイルAGA処方が人気
  • 対面のほかオンライン診療にも対応

スマイルAGAクリニックは東京に3院あり、いずれも最寄り駅から徒歩5分以内です。

FAGA治療にかかる費用は薬代のみ。カウンセリングや診察料は完全無料となっています。血液検査も基本的には無料ですが、検査項目によっては別途費用がかかることも。

処方薬には薄毛予防のためのパントガールをはじめ、オリジナルの治療プラン「スマイルAGA処方」があります。スマイルAGA処方では、4種類の内服薬と1種類の外用薬から、症状に合った薬を組み合わせてもらえます。

その他に、頭皮に発毛促進成分を直接注入するメソセラピーにも対応。できるだけ早く発毛を実感したい人のために、スマイルAGA処方とメソセラピーをセットにしたプランも用意されています。

対面診療のほか、オンライン診療にも対応しているため、通院の時間が取りにくい人でも無理なく治療を受けられるでしょう。

クリニック名スマイルAGAクリニック
治療費パントガール:8,640円
スマイルAGA処方:38,500円~55,000円
メソセラピー:3,980円
無料カウンセリングあり
オンライン診療あり
クリニック数3院(渋谷・新宿・八重洲)

リアス銀座クリニックはカウンセラーが全員毛髪診断士の資格を取得

リアス銀座クリニックはカウンセラーが全員毛髪診断士の資格を取得
リアス銀座クリニックの特徴
  • カウンセラー全員が毛髪診断士の資格を取得
  • 投薬治療からメソセラピーまで治療プランが豊富
  • 全額返金保証制度あり

リアス銀座クリニックは、女性専門の発毛治療クリニックです。オンライン診療には対応していませんが、銀座院も横浜院も最寄り駅から徒歩圏内の好立地です。

カウンセラー全員が毛髪診断士の資格を取得しており、症状に合ったオリジナル発毛プランを提供しています。

オリジナル治療薬による投薬治療をはじめ、毛髪再生メソセラピーや再生医療メソセラピー、RIAHS式パーソナル発毛メソセラピーなど、さまざまな角度からの治療に対応しています。

初診料や再診料、カウンセリング料は完全無料。完全予約制で、個室による対応が可能です。全額返金制度を設けているため、万が一効果が出なかった場合でも安心です。

クリニック名リアス銀座クリニック
治療費ライトコース 2,980円~15,000円/月
ホームケアコース 6,000円~35,000円/月
RIAHSメディカル発毛コース 13,500円~86,000円/月
RIAHSパーソナル発毛コース 26,600円~165,000円/月
エクソソーム毛髪再生コース 35,000円~250,000円/月
無料カウンセリングあり
オンライン診療なし
クリニック数2院(銀座・横浜)

ウィルAGAクリニックはオリジナル発毛治療を導入している

ウィルAGAクリニックはオリジナル発毛治療を導入している
ウィルAGAクリニックの特徴
  • オリジナル発毛治療を導入
  • 完全個室でプライバシーに配慮
  • 治療実績が3万人以上と豊富

ウィルAGAクリニックは関東を中心に全国に10院展開するAGA治療専門のクリニックで、男性だけではなく女性の薄毛治療にも対応しています。治療実績は3万人以上と豊富。経験を積んだ医師が診察を担当します。

「ウィル式BHSヘア診断」というオリジナルの診断方式を導入。医師による無料の頭皮診断により、最適な治療法を提案してもらえます。

また治療薬にはオリジナルの発毛薬を使用。頭皮の状態に合わせて、1人ひとりに合った薬を処方してもらえます。

院内は完全個室でプライバシーに配慮。周りの目を気にせず診察を受けられます。

クリニック名ウィルAGAクリニック
治療費                      es women 5,000〜40,000円/月
es delta 18,000円/月
es nature+最新LHDV頭皮注入治療 9,300〜79,300円
無料カウンセリングあり
オンライン診療あり
クリニック数10院(新宿・池袋・表参道・銀座・立川・町田・横浜・千葉・大阪・名古屋)

聖心毛髪再生外来は最先端の再生医療を導入している

聖心毛髪再生外来は最先端の再生医療を導入している
聖心毛髪再生外来の特徴
  • 最先端の再生医療を導入
  • 院長自らが薄毛治療経験
  • オンライン診療にも対応

聖心毛髪再生外来は全国に9院展開する薄毛治療専門のクリニックです。内服薬や外用薬による投薬治療をはじめ、最先端の再生医療を導入。

院長自身が薄毛治療を経験しており、実際に効果のある治療法のみを提供。確かなノウハウのもとで治療を行っています。

来院の場合は完全個室にて対応。オンライン診療も可能でプライバシーへの配慮が徹底されています。どの院も最寄り駅から徒歩圏内でアクセスは抜群。さまざまな角度から薄毛を治療したい人におすすめです。

クリニック名聖心毛髪再生外来
治療費リッシェゾーム:1回88,000円〜
プレミアムグロースファクター再生療法1回:71,500円〜
女髪-MAGAMI-(育毛サプリ):9,504円
パントガール(内服薬):10,780円/月
パントスチン:(外用薬)12,100円/ 月
無料カウンセリングあり
オンライン診療あり
クリニック数9院(札幌・六本木・埼玉・横浜・熱海・名古屋・梅田・広島・福岡)

銀座総合美容クリニックは185万人を超える治療実績

銀座総合美容クリニックは185万人を超える治療実績
銀座総合美容クリニックの特徴
  • 185万人の治療実績を誇る
  • 薄毛の治療実績が業界トップクラス
  • オンライン診療にも対応

銀座総合美容クリニックは、2008年に開業したクリニックで、東京と大阪に1院ずつあります。累積185万人の治療実績を誇ります。1人ひとりの薄毛の症状や要望に合わせたプランを提供。初月1,000円から始められるプランも用意されています。

薄毛治療の実績はAGA業界でもトップクラス。地方からも治療に通院する人もいます。実績あるクリニックで確実に薄毛を治したい人におすすめのクリニックです。

投薬治療ならオンライン診療でも対応が可能。自宅にいながらスマホやパソコンを使って医師の診察を受けることができます。

クリニック名銀座総合美容クリニック
治療費初月価格:1,000円~/月
2ヶ月目以降:2,000円~(維持する治療) 
9,700円~(生やす治療)
無料カウンセリングあり
オンライン診療あり
クリニック数2院(東京・大阪)

TOMクリニックはPRP療法・PFC毛髪再生医療に対応

TOMクリニックはPRP療法・PFC毛髪再生医療に対応
TOMクリニックの特徴
  • 全国的にも珍しいPRP療法・PFC毛髪再生医療に対応
  • メスを使用しないARTAS療法に対応
  • ワンストップの薄毛治療体制

TOMクリニックは、ワンストップ薄毛治療体制が特徴のクリニックです。内服薬や外用薬の投薬治療のほか、植毛や再生医療の一種「PRP療法」も導入。さまざまな選択肢から症状に合った治療法を選べます。

更に、ARTASによる自毛植毛に対応する希少なクリニックでもあります。毛髪診断士の資格を取得したカウンセラーが在籍し、治療後のアフターケアにも力を入れています。

クリニック名TOMクリニック
治療費PRP療法お試しコース:55,000円/月
TOMオリジナル濃縮増毛実感コース:165,000円/6ヶ月
無料カウンセリングあり
オンライン診療なし
クリニック数1院(新橋)

城本クリニックは創業35年の老舗美容クリニック

城本クリニックは創業35年の老舗美容クリニック
城本クリニックの特徴
  • 全国25院あり創業35年の歴史あるクリニック
  • 24時間無料メール相談が可能
  • 在籍するのは医師と看護師のみ

城本クリニックは全国に25院展開中。創業35年の実績豊富な大手美容クリニックです。在籍するスタッフは医師と看護師のみ。オンライン診療には対応していませんが、24時間いつでもメール相談できるため、安心して治療を進められるでしょう。

治療方法は投薬治療のみですが、薄毛の症状に合わせてオリジナルの治療薬を処方。他院での治療に満足できなかった人でも、治療を受けてみる価値があるでしょう。

診察料やカウンセリング料は完全無料。治療にかかるのは薬代のみです。

クリニック名城本クリニック
治療費オリジナル内服薬:16,280円/月
オリジナル外用薬:12,980円/月
内服薬+外用薬:28,160円/月
無料カウンセリングあり
オンライン診療なし
クリニック数25院

女性の薄毛治療に関するよくあるQ&A

女性の薄毛治療に関するよくあるQ&A
女性の薄毛治療は保険適用される?

女性の薄毛治療は、基本的には保険適用されません。FAGA治療は美容に分類されるため、自由診療となり、治療費は全額自己負担となります。

一方、ストレスや自己免疫が原因となる円形脱毛症や甲状腺機能障害による薄毛は、病気の治療と見なされるため、原則として保険診療となります。

円形脱毛症もFAGA治療で治る?

円形脱毛症はFAGAの治療とは異なり、年齢や脱毛の範囲によって治療法が変わってきます。

初期には、ステロイドや塩化カルプロニウムなどの外用薬、グリチルリチン、セファランチンなどの内服薬で治療します。

その他に、エキシマライトやナローバンドUVBという光線治療を行うこともあります。これらの治療を3~6ヶ月継続しても効果が出ない場合には、ほかの方法で治療します。

また、脱毛の範囲が狭い場合には、ステロイド局所注射による治療を行います。

FAGA治療薬の副作用は?

FAGA治療薬として用いられるスピロノラクトンには、月経不順や多毛、多尿などの副作用があります。

パントガールには、頭痛や腹痛・めまい、下痢・動悸・胸やけなどの副作用が起こることがあります。

女性の薄毛治療で効果が出るまでにかかる期間は?

女性の薄毛治療は効果が出るまでに個人差がありますが、目安としては約6ヶ月~12ヶ月となります。

FAGA治療は即効性が期待できるものではありません。髪の毛には、成長期・後退期・休止期というヘアサイクルがあり、乱れたヘアサイクルを整えるまでに、ある程度の期間が必要になります。

女性が男性用のAGAクリニックに通っても効果ある?

男性の脱毛症(AGA)と女性の脱毛症(FAGA)は薄毛の原因が異なるため、それぞれ使用する薬や治療法が異なります。

そのため、女性は女性専門のクリニックで治療を受ける必要があります。

女性がパートナーの男性用治療薬を飲んでも大丈夫?

薬は個人に合った処方がされているので、人の薬を飲んではいけません。

男性用のフィナステリドというAGA治療薬は、パントスチンと同じように男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの産性を抑制する作用がありますが、ホルモンバランスへの影響が強く、女性に処方することが制限されています。

同じ名称の治療薬でも男性と女性では薬剤の配合量が違うこともあるので、男性用AGAの治療薬を女性が飲むと、身体的な悪影響を及ぼす可能性があるので避けましょう。

女性が使えるミノキシジルは何%?

日本皮膚科学会のガイドラインで推奨されているミノキシジルの濃度は男性が5%、女性が1%です。

女性が男性のミノキシジルを使用すると副作用のリスクが高まるため注意が必要です。

女性が薄毛に悩むのは何歳くらいから?

女性が薄毛に悩み始めるのは、30代後半~40代前半からが多いとされています。

30代後半になると、徐々に髪の毛が減っていき、40代後半になると髪の毛が細くなり、抜ける本数も更に増えます。40代前半から髪の毛全体が薄くなってきたと感じる人が多い傾向にあります。

パントガールとルグゼバイブの違いは?

パントガールとルグゼバイブに含まれる成分にほぼ変わりはありませんが、ルグゼバイブには、馬プラセンタとコロストラムがプラスして含まれています。

そのためルグゼバイブは、薄毛や抜け毛予防に対して、より高い効果が期待できるでしょう。また、馬プラセンタに含まれる成長因子は、アンチエイジングにも有効だと考えられます。

ミノキシジルでむくみが出るのはなぜ?

ミノキシジルはもともと降圧剤として開発された治療薬です。ミノキシジルには、血液を流す動脈を拡張する作用があり、血流が促進されます。

ただし、血液を戻す静脈を拡張する作用はないため、送り込まれた血液は同じ量を戻すことができず末端に溜まります。その影響でむくみの症状が起こります。

FAGA治療中でもカラーリングやパーマはできる?

FAGA治療中であっても、カラーリングやパーマの施術を受けることは可能です。

髪の毛への負担は増えてはしまいますが、毛根へ影響を及ぼすほどではないので、おしゃれを楽しみたいという方は、負担を考慮の上、髪の毛に優しいカラー剤やパーマ剤を使っての施術がおすすめです。

FAGA治療はやめたらどうなりますか?

FAGAは基本的に完治ということはありません。治療をやめると、また薄毛が進行する可能性が大いにあります。

FAGAの原因は、女性ホルモンの減少、遺伝以外にもストレスや自律神経の乱れ、ライフスタイルの乱れなど様々なため、完治は難しいと考えられています。

発毛・育毛が順調に進み、薄毛の悩みがなくなっても完全に治療をやめるのではなく、減薬といった対処をとる方がおすすめです。

目次