治療事例紹介

関節唇損傷

関節唇損傷とは、関節内の関節唇という軟骨が関節窩からはがれる病気です。
損傷すると下記のような症状がみられます。

  • 脱臼したことはないが肩が抜けそうな感じする。
  • 痛みがある角度で強い痛みが生じ、音がする時もある。
  • 肩関節部分の名称

  • 関節唇損傷の例

治療方法

リハビリ療法

リハビリ(運動療法)をすることで身体のバランスを整えます。
バランスが整うと関節唇損傷自身が修復されなくても、日常生活動作やスポーツ動作において症状がなくなる、ないしはその動作に問題ない程度になります。

リハビリをしても症状が残り、完治をめざす場合には関節鏡にて関節唇を修復することをおすすめします。

手術療法

関節鏡を用い、関節唇損傷を糸つきビスを使って治します。

  • 損傷した関節唇

  • 糸つきのビスを関節窩に入れ、糸を靭帯に通す。

  • 糸を結んで修復した状態

関節鏡手術とは

  • 関節付近に開けた小さな穴から関節鏡(内視鏡)とカニューラ(手術器具を体内に入れやすくする筒)を差し込み、モニターを見ながら病変を治していく術式です。
    非常に小さな痕しか残らず、患者さまの負担軽減にもつながります。

  • 関節鏡術の様子

 

部位から探す
高度専門医療
リハビリテーション
キーワードで探す
  • ※半角スペースで区切ることで複数キーワードでの検索が可能です。
    例)鏡視下腱板修復術、鏡視下バンカート修復術等