診療科・部門

整形外科

患者さまと十分相談をして治療方法を決定し、最適な治療をおこなうよう心がけています。

整形外科とは手足や背骨の外傷・障害診療をおこなう科です。年齢は問いません。
充分に説明をおこなった上で、患者さま一人ひとりにあわせた治療方法で治療にあたっています。

外来医師担当表

下記の表は左右にスクロールできます

受付時間  
午前診
8:00~12:00
※診察は9:00~
初診 船越登 船越博 伊藤 小林 水野 第1-馬谷
第2-船越登
第3-伊藤
第4-船越博
第5-白井
沢辺 馬谷
再診 船越博 馬谷 水野 伊藤 船越登
夜診
17:00~20:00
※診察は18:00~
初診 水野 河井(第1,3,4,5)
代診(第2)
船越博 馬谷 船越登 ---
再診 伊藤

最終更新日:2016年11月20日

休診・代診情報

<代診>

12/1(金)午前・初診:水野医師⇒船越博医師

12/2(土)馬谷医師⇒船越登副院長

12/9(土)船越登副院長⇒馬谷医師

 

※急な休診等もございますので、ご了承ください。

 

診療対象

下記のような症状について診断しています。年齢は問いません。
年齢や生活習慣から来る不調から、スポーツ整形まで専門でおこなっています。

  • 手足の変形、しびれ、痛み、関節の腫れ
  • 鎖骨部から胸部、頚部、背部、腰部、骨盤の痛み
  • 腰痛・腰椎椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・ぎっくり腰
  • 膝痛・関節炎・腱鞘炎・五十肩・肩関節周囲炎・変形性膝関節症
  • 外傷一般・骨折・脱臼・捻挫・打撲・靭帯損傷
  • 交通事故による頸椎捻挫・腰椎捻挫など
  • 腫瘍(できもの)・ガングリオン・粉瘤
  • 各種スポーツによる障害
  • 骨粗鬆症

その他、各種症状についてお気軽にご相談ください。

リウマチに関しては専門的に治療をおこなっています。

特色

各部位ごとに専門医による治療

整形外科は体の部位ごとに専門があります。
当院は、肩・肘・脊椎・腰・股関節・膝の専門医が常勤しており、全身どの部位でも専門的に治療をおこなうことができます。

スポーツ整形の実績

理事長が日本サッカー協会のスポーツ医学委員をしていたことや、整形外科スタッフが京都サンガFCのチームドクターをしている関係でサッカー選手が数多く外来に来られます。
サッカーにとどまらず、当院では様々なスポーツ選手・スポーツ愛好家の外傷・障害に対して早期診断、早期治療、早期スポーツ復帰を目標に治療にあたっています。

治療の方針

整形外科の治療法には、薬、リハビリテーション、体操(運動)療法、注射(関節内注射、トリガーポイント、神経ブロック)などの保存療法と、手術療法があります。

手術療法は保存療法をおこなってもよくならない場合や、最初から手術が必要な病状の時におこないます。
京都下鴨病院の整形外科では、骨折や捻挫(靭帯損傷や断裂)に対しては治療に手術が必要であればインフォームドコンセントをおこない患者さまに納得してもらった上で手術をおこないます。

手術的な治療と保存療法の両方の治療法が存在する場合はそれぞれの利点、欠点を説明した上で患者さまと相談して治療方法を決定します。

早期社会復帰を目指した高度専門医療の取り組み

「最小侵襲手術」「軟骨再生」「関節鏡下手術」「人工関節置換術」など早期の社会復帰を目標に高度専門医療へ取り組んでいます。
患者さまへの負担や今後の生活や職業を考慮し、患者さまと一緒になって最善の治療方法を選択しています。

リハビリテーションによる社会復帰サポート

当院では、理学療法士12名とスポーツトレーナー1名を加えた13名で手術例の術前、術後のリハビリテーションをおこなっています。
1日でも早く日常生活やスポーツに復帰できるように訓練・サポートいたします。

専門外来

当院の整形外科では下記の専門外来を開設しています。
専門性の高い治療・検査が必要となる場合、手術が必要となる場合には専門外来にて診療いたします。
※専門外来は予約制です。

  • 膝・肩・スポーツ整形外来
  • 肩関節外来
  • 脊椎外来
  • 股関節外来
  • 手外科外来

医師紹介

当院の医師について、詳しくはこちらで紹介しています。