診療科・部門

理学療法部

ご挨拶

当院の理学療法部では肩関節・肘関節・手関節・股関節・膝関節・足関節・頚部および腰部の脊椎関節に関わる整形外科領域全般のリハビリテーションをおこなっています。
筋肉や靭帯などの軟部組織の損傷、軟骨損傷、骨折、末梢神経障害、スポーツ障害や外傷に対して、保存的治療から手術前後の治療まで幅広く高度で専門的な理学療法を日常生活に復帰できるまでおこなっています。
スポーツリハビリテーションにおいては競技特性に応じて復帰できるまでしっかりとサポートいたします。

理学療法部主任 小野志操

理学療法とは

理学療法の重要な要素となる運動療法は、関節可動域の維持や拡大、筋力の増強に役立つ治療体操などから、歩行をはじめとする日常生活動作のような目的をもった運動機能の再獲得を目指します。
再獲得を目指すべき運動機能には、職業での動作や余暇活動での動作をはじめスポーツや競技などでの動作や運動レベルの向上までを含みます。

目指すべき目的のために、障害やその程度に応じて多種多様の運動療法が処方されます。
すなわち、理学療法とは障害を有する以前の状態に回復することと生活の質の向上を目指して、関節障害や末梢神経障害などによって引き起こされる関節拘縮や筋萎縮などの運動機能低下の予防および機能の維持と向上を医師や看護師などのメディカルスタッフと連携しておこなう治療です。

リハビリテーションの設備

スタッフ個々が治療技術の研鑽に努め学会や研修会へ積極的に参加し、カンファレンスや院内研修を通じて情報を共有し、病態や症状に応じて、常に最新の治療を提供しています。
日々おこなっている運動療法の効果を検証し、国内および海外での学会発表や講演、論文投稿をしています。リハビリテーション医学の発展に貢献していきたいと考え、積極的に学術活動もおこなっております。

整形領域のリハビリテーションが必要な際には、スタッフ一同全力で治療させていただきます。

理学療法部の学術活動一覧

スタッフ紹介

  • 小野志操(Shiso Ono)

    理学療法部主任 理学療法士

    1999年 平成医療専門学院(現:平成医療短期大学)卒
    2010年 畿央大学大学院卒修士(健康科学)
    日本理学療法士協会専門理学療法士(運動器)
    整形外科リハビリテーション学会認定A

  • 爲沢一弘(Kazuhiro Tamezawa)

    理学療法部副主任 理学療法士

    2009年 大阪医専卒
    整形外科リハビリテーション学会認定B

  • 小竹里佳(Rika Odake)

    理学療法士

    2008年 大阪医専卒
    2014年~2016年 JICA青年海外協力隊

  • 團野翼(Tsubasa Danno)

    理学療法士

    2010年 大阪医専卒
    整形外科リハビリテーション学会認定B

  • 大渕篤樹(Atsuki Obuchi)

    理学療法士

    2013年 履正社医療スポーツ専門学校卒

  • 佐々木拓馬(Takuma Sasaki)

    理学療法士

    2014年 兵庫医療大学卒
    2016年 兵庫医療大学大学院卒修士(医療科学)

  • 中井亮佑(Ryosuke Nakai)

    理学療法士

    2015年 中部学院大学卒
    整形外科リハビリテーション学会認定B

  • 天鷲翔太(Shota Amawashi)

    理学療法士

    2016年 京都橘大学卒

  • 堀内奈緒美(Naomi Horiuchi)

    理学療法士

    2016年 中部学院大学卒

  • 鷲見有香(Yuka Sumi)

    理学療法士

    2017年 中部学院大学卒

  • 高橋蔵之助(Kuranosuke Takahashi)

    理学療法士

    2017年 京都橘大学卒

  • 小林駿也(Ryoya Kobayashi)

    理学療法士
    2017年 京都医健専門学校卒

  • 山口大(Dai Yamaguchi)

    日本体育協会公認アスレティックトレーナー
    2007年 大阪医専卒

採用について

病院見学は随時受付中です。
見学をご希望の方は理学療法部(075-702-7158)へ直接ご連絡ください。

採用募集について詳しく見る