採用募集

看護学生奨学金制度

京都下鴨病院では、看護師を目指して就学されている皆様の就学費用負担を少しでも軽減し、学生生活を有意義におくることができるよう奨学金制度を設けています。

京都下鴨病院の目指す医療・看護に共感し、卒業後に京都下鴨病院に就職することを希望される方に対して奨学金を貸与します。
入学前からはもちろん在学中であっても制度を受けることが可能です。

またこの奨学金は、貸与を受けた奨学金を60万円で除した期間を京都下鴨病院で勤務された場合、全額が返還免除となります。

下記のとおり制度の利用者募集を実施しますので、是非ご利用ください。

対象者 看護学校進学内定者及び看護学校在校者で免許取得後に当院への就職を希望される方(准看護師コースは対象外)。
看護学校は大学、短期大学、看護専門学校、高等学校看護科不問です

2019年3月卒業の年度につきましては応募を締め切りました
対象項目 入学金、授業料、施設費が対象。寮費等生活費は対象外。
対象項目 入学金、授業料、施設費が対象。寮費等生活費は対象外。
限度額 年間上限90万円(3年制は270万円、4年制は360万円)
ただし看護高等学校(5年一貫)は年間上限60万円
貸与期間 正規の修学年数に相当する期間内

奨学金制度で学校生活を送った先輩のコメント

私は幼少期、幾度も入退院を繰り返していました。入院中の喜怒哀楽を受け止め、寄り添ってくれたのが母親の次に看護師さんでした。

「看護師さんはいつも私を気にかけてくれる・助けてくれる」

そんな小さな想いが看護師を目指したきっかけの一つでした

高校卒業後、准看・正看学校へと進みましたが、どちらも学生生活を送るにあたり金銭的な不安がありました。そのような時に当院の奨学金制度を受けることができ、安心して学ぶことが出来ました。

勤続15年目となる現在は外来勤務で、いつも多くの患者さまが来院され忙しい日々です。素早い判断力と、的確な状況把握力が必要であり、最も良い環境を生み出すことを求められるのが外来看護師でも有ると思います。

長く働いていく事で大変さや辛さから逃げたい時期もありました。しかし、スタッフとの相談が随時出来ること、時には厳しく、時にはアットホームな環境の中で楽しく外来看護師として働くことが出来ています!

よくある質問

入学金の貸付はされていますか?

はい、しています。入学金も奨学金の対象です。

学校が京都ではないのですが

京都府下の看護学校に限定していません。他府県でもご応募可能で、九州の学校に通われている看護学生の方にも奨学金の支給実績があります。

既に学校に入学して2年経ちます。今からでも奨学金を受けることは可能でしょうか?

可能です。最終年度だけでも、というご希望でも構いません。

書類選考の締切日はありますか?

ありません。入学試験前でも入学試験後でも受付しています。定員一杯になり締切となればこのページでお知らせします。

2019年3月卒業の年度につきましては応募を締め切りました

書類選考にはどのような書類を提出するのですか?

入学前、在学中等状況により変わりますが、履歴書や学校に発行していて頂く必要のある書類(成績証明書、卒業証明書、在籍証明書等)が必要になります。また学費の納付日や納付金額の分かる資料も必要です

奨学金を受けている間に下鴨病院へ行くことはありますか?

はい、遠方の方を除き各年度が終了されましたら成績証明書を病院まで持参してください。お困りのことがあれば相談に乗ります。

採用に関するお問い合わせ

  • 採用担当直通
    070-6540-7145

    (担当:岡)

  • 代表
    075-781-1158

採用へのご応募や質問・各種支援制度・病院見学の申し込み等、お気軽にお問い合わせください。

メールで問い合わせる