治療事例紹介

リハビリテーションの特徴

京都下鴨病院リハビリテーション科は、老若男女を問わずなるべく痛みを伴わないリハビリテーションを治療の基軸とし、身体機能回復と生活の質の向上を目指して治療をおこなっています。

肩関節・肘関節・手関節・股関節・膝関節・足関節・頚部および腰部の脊椎関節に関わる整形外科領域全般のリハビリテーションが対象です。
下記のような傷病に対して、多くの治療実績があります。

  • 筋肉や靭帯などの軟部組織の損傷
  • 軟骨損傷
  • 骨折
  • 末梢神経障害
  • スポーツ障害や外傷

目標

整形外科領域における手術を行わない保存療法としてのリハビリテーションから、手術後のリハビリテーションまで疾患や病態・症状に応じて、より高度で専門的な質の高いリハビリテーションを提供することを目標としています。

  • 障害を有する以前の状態に回復すること
  • 生活の質の向上を目指すこと
  • 関節障害や末梢神経障害などによって引き起こされる関節拘縮や筋萎縮などの運動機能低下の予防および機能の維持と向上

これらを目指して、医師や看護師などのメディカルスタッフと連携して治療をおこないます。

理学療法の重要な要素:運動療法

関節可動域の維持や拡大、筋力の増強に役立つ治療体操などによって、歩行をはじめとする日常生活動作のような運動機能の再獲得を目指します。
再獲得を目指す運動機能には、職業での動作や余暇活動での動作をはじめ、スポーツや競技などでの動作や運動レベルの向上までを含みます。
障害やその程度に応じて多種多様の運動療法が処方されます。

12名の理学療法士と1名のスポーツトレーナーが、患者さまとの信頼関係を大切にしつつ、より高度で専門的な室の高いリハビリテーションで日常生活に復帰できるまでサポートしています。
また、スポーツリハビリテーションにおいては、競技特性に応じたメニューで復帰できるまでしっかりとサポートいたします。

特色

幅広いスポーツ整形・リハビリテーションの実績

スポーツ傷害に対するリハビリテーションでは、レクリエーションとしてスポーツを楽しんでおられる方や学校での部活動から、社会人や実業団のアスリートからプロスポーツ選手まで個々の競技レベルに応じて、より専門的で高度なスポーツリハビリテーションを提供しています。

サッカー、陸上競技、アメリカンフットボール、ラグビー、野球、バレーボール、バスケットボール、柔道、フェンシング、 競馬ジョッキーなどの様々なスポーツ選手への治療実績があります。

充実した設備

リハビリテーション室内に超音波画像診断装置を設置し、筋肉や靭帯などの動きを観察することでより効果的な理学療法が提供できます。
また筋力測定器やトレーニング機器も設置して個々の能力に応じた理学療法を展開しています。

より高度で専門的な治療のための学術活動

スタッフ個々が治療技術の研鑽に努め学会や研修会へ積極的に参加しています。またカンファレンスや院内研修を通じて情報を共有し、病態や症状に応じて、常に最新の治療を提供しています。

日々おこなっている運動療法の効果を検証し、国内および海外での学会発表や講演、論文投稿をしています。リハビリテーション医学の発展に貢献していきたいと考え、積極的に学術活動もおこなっております。

 

整形領域のリハビリテーションが必要な際には、スタッフ一同全力で治療させていただきます。

 

部位から探す
高度専門医療
リハビリテーション
キーワードで探す
  • ※半角スペースで区切ることで複数キーワードでの検索が可能です。
    例)鏡視下腱板修復術、鏡視下バンカート修復術等